12月23日(日)NPO法人フードバンク山梨が取り組んでいる「子供支援プロジェクト」の食料ラッピング作業に種田会長・國守啓子会員・土橋つる子会員・大沢正聖の4名が参加しました。

当日はフードバンク山梨飯野倉庫にて大沢(東和)の大型車両にカーゴに箱詰めされた食料を積み込み、昭和高校へ。

会場設営を手伝っていた種田会長・國守会員・土橋会員とともに体育館へ搬入しました。

高校生のパワーに圧倒されながら仕分け作業。

空カーゴを回収し、少しだけ童心に帰り、皆で記念写真

種田会長と大沢は翌日、筋肉痛に悩まされたのは言うまでもありません(笑)

フードバンク山梨への協力は、子供たちの笑顔のために

甲斐の郷RCとして一つの柱に育てていくべき事業だと、改めて感じた一日でした。

【文・写真:大沢正聖会員】

The following two tabs change content below.

R.Mitsumori